No274 ロダン

フランスに来る前の1年間、私は関西日仏学館でフランス語を学んだのですが、この関西日仏1927年に設立させた人物のひとりに、当時の駐日フランス大使だったポール・クローデルがいます。1924年に開設した東京日仏会館もそうです。彼は劇作家としても有名ですが、超日本びいきで、日本人は貧しいが、高貴な人々だ。世界中でどうしても生き残ってほしい民族を一つだけあげるとしたら、それは日本人だ。という、とんでもなくうれしい言葉を残してくれています(それも1943年に…)
ところで、彼のお姉さんは、彫刻家のカミーユ・クローデルです(私はイザベル・アジャーニ主演の映画を見るまで、その名前も知りませんでしたが…)。このカミーユ姉さんは、18歳の時ロダン(当時42)に弟子入りし、やがて恋に落ちるのですが、ロダンはローズという女性を選んだので、カミーユは精神に異常をきたし、その後30年間を精神病院で過ごし、そのまま死んでしまいます。ロダンはおそらくそれを待っていたのでしょうが、77歳になって73歳のローズと結婚しますが、その16日後にローズは亡くなります。そして9ヶ月後にはロダンも死んじゃうんですが、彼が一生をかけて模索し続けた、ダンテの地獄の門をのぞき込む人”(通称考える人”)の悩みの種の一つには、こういう問題もあったのかも知れませんね(超ついでで、ホントにどうでもいいことなんですが、インド人もびっくりという表現は、ダンテの神曲の一節で有名になった言い回しだそうです)

※新コラム始めました!
 マガジンハウスWebダ・カーポ "パリルレロ・なにぬねの"
 http://webdacapo.magazineworld.jp/column/parirurero/ 

 好評連載中!
 産経デジタルiza!専門家ブログ "パリSOZOROプロムナード"
 http://kazuhama.iza.ne.jp/blog

 応援よろしくお願いします!

| | トラックバック (0)

No273 芸名

日本語を学んだ外人さん達はよくアナタはと言いますが、これは日本語ではちょっと失礼に聞こえる時があります。山田さんも来るんですかと山田さんに言う方がまだましですが、目上の人などには名前で呼ぶのさえもダメで、社長はとか先生はと役職などで呼ぶか、あるいはまったく主語をつけないで話す方が、日本語として自然です。友達同士でも、かおりちゃんはカオリン、じゅん子ちゃんはズンズン、浜さんはハマッチとか言い合って、どうも本名を避ける方が日常的には多いような気がします。フランスでもマルクをマックと呼んだり、ヴェロニックをヴェロと略したりすることはありますが、これはむしろ例外的で、ほとんど本名で呼び合います。
日本は伝統的に本名嫌いというか、本名軽視の文化で、江戸時代までは家を継げば父も子もその子も全員苗字も名前も同じ、というのが普通でしたし、武士は本名というのが元々ないようなもので、出身地や領地が苗字か名前のどっちかについていて、それにナントカの守(かみ)みたいな官位と諱(いみな)と通称があり、しかもころころ変わるので(木下藤吉郎→羽柴秀吉→豊臣秀吉)、小説など読んでもややこしくて仕方ありません。
それと、日本では芸人は芸名を名乗るのが当たり前のようになっていますが、欧米では大半の歌手、俳優は本名です(長過ぎて名前を短くすることはよくあって、たとえばジャン・レノの本名はジャン・モレノです)
しかしまぁ、日本の場合、本名だとあんまりスターにはなれなかっただろうなというような芸人が非常に多いようです。例:郷ひろみ(原武裕美)、松田聖子(蒲池法子)、つんく(寺田光男)など…。逆に井上陽水(本名)などは、最初芸名(アンドレ・カンドレ)で出ていて全く売れず、本名にして正解だったようです。
最も変なのは作家のペンネームというやつで、文学者などは本名でいいような気がします。
ちなみに日本の法律では、国会議員は芸名のままでOKらしいのですが、これって外人さんから見ればすっごく変です。

| | トラックバック (0)

«No272 サンドイッチ